~ヒトトナリブログ~

自分の気持ちと向き合う忘備録。毎日更新中。

振り返り

母が病気になり、闘病したのは1年9ヶ月だった。

 

他人からすれば数字なんてのは、只の判断材料でしかない。

 

当事者たちは、それでも1年9ヶ月だったんだから。

 

早かったね、

まだお若いのに、

自分の方が先に逝くと思ってたのに、

 

と、言われることが多い。

 

高橋家は癌系統なので、因子は私にもある。

私は身体に腫瘍が出来やすい体質なのか、今のところ大病にはならずに手術後、経過観察や定期検診で済んでいる。

 

私より元気で健康体だった友達や、母を含めて何ではやくいっちゃうかなー。

 

何が違うんだろう。

何が間違ってたんだろう。

 

そんなことばかり考えてしまう。

 

昨日は3年前、癌で亡くなった友達の家へお参りに行って来た。

ご両親は健在で、色々お話をしてきたけど、やはり母のことを話したらとても驚き、涙を流してくださった。

 

終末期の話や、葬儀後の手続きの話や、お墓の話しをして、やっぱり最期の方は大体同じ症状だったことや、緩和ケアの話や、亡くなった後の保険の話や年金のことや、今ある幸せな話題を聞いたりして、やっぱり生きてる者はそれでも前に進むんだと思った。

 

毎日思うこと、感じること、感情、不安なこと、好きなこと、嫌なこと、変わるから、少しでも記録に残して自分の感情と付き合おう。