~ヒトトナリブログ~

自分の気持ちと向き合う忘備録。毎日更新中。

【忘備録】お彼岸入りって何するの?

※これは新しく宗派が変わったばかりの我が家の方法です。

 

今年の夏から曹洞宗に変わった為、お盆の過ごし方やお参りの作法が変わることになりました。

 

今回は彼岸の入りについて。

 

朝早く、色々曹洞宗のやり方を教えてくれてる叔父から電話がありました。

 

叔父「今日から彼岸の入りだけど、仏壇に何かしてるかい?」

 

私「いや、何もしてなくて、彼岸の入りは何かするんですかね??」

 

まず、彼岸の時期は毎朝仏壇に、ご飯、味噌汁、オカズ3品をお供えするんだそうです。

(オカズは故人が好きだったものでOK!)

殺生を嫌う傾向から、魚や肉はダメかな?と思って尋ねたら、お母さんは肉も魚も好きだったろ?好きモノをお供えしてあげたら良いんだよ(^з^)との事でした。

 

後は、お花や長持ちする果物とかを一緒に供える。(これはやってるな)

 

因みに、お供えするご飯の量はミニトマト1個分位の量で良いのだそうです。

(ほー!)

 

電話を切ったあと、早速お膳作りをしてみました。

 

せっかくならと、ミニミニお握りを2つ作り、味噌汁を小さい茶碗に入れ、昨日のご飯の残りオカズを(笑)ひとつまみ程度、三品お皿に乗せ、仏壇にお供えしました。

 

こんな事も初めてやることで、何だか今まで全然何もやってこなかったんだな〜と。。。

 

今日から一週間、お膳をお供えします。

 

因みに、彼岸の終わりは素麺と白玉をお昼頃にお供えするんだって。

素麺と白玉の意味合いはまた次回!