玉ねぎから芽が生えた

気がついたら玉ねぎから芽が生えてた。そんな日常を綴ったブログ。

占いは信じるものではなく活用するもの

そう教えてくれたのは、かさこ塾同期の占い師小森さん(通称こもりん)。

 

つい、素直に何でも信じてしまう私にとっては目からウロコの言葉だった。

 

同期の何人かが小森さんから鑑定を受けていたこと、その体験談をブログに書いていたのを読んだこと、それもあってか小森さんの鑑定に自然に興味を持っていた。

 

時々、小森さんはFacebookで無料鑑定を行っていた。

私も何度かお世話になっていたのだが、今度ちゃんと本鑑定受けてみたい!と思う様になり、先日直接鑑定を受けてきました。

 

小森さんは本格的な中国式鑑定の占い師で、目の前の紙に筆ペンでスラスラと鑑定結果を書いてくれるんですよ。(ただし、読めない!!)

 

中国式だから難しい漢字ばかり。

読み仮名ふってくれないと、読み方すら分からないのだ。

 

鑑定中は分厚い本を片手に、出た結果を本の文章を現代誤訳に直し、噛み砕いて丁寧に説明をしてくれる。

何回もめくったであろう本は既にボロボロだった。

 

時には鑑定の結果に梅干しを食べてるみたいな酸っぱい顔しつつ、うーむと頭を抱えながら唸る場面もあったけど、基本なんでも答えてくれた。

 

意外に小森さんは話しやすい方で、相談ごとに関しても良い事も悪いこともハッキリと伝えてくれる。

 

また、悪いことに関する対処方も考えてきてくれてて、身近なところから何処を変えたら良いか、さりげなくポロっと言ってくれるのだ。

 

私の場合はメールアドレスの数字を◯◯◯にすると良いよ、とか。

 

セカンドネーム持った方がいいとか。

(ペンネーム的な?)

 

因みに、私は名前の最後に「子」がつく名前が良いらしい。

 

そんな感じで話をしてたら4時間も経過していた。

 

話が尽きないのも、あったかもしれないがあっという間だった。

 

帰宅後、直ぐメールアドレス変えようと試みたのだけど調べても変えられなかったため、放置してます‥。