玉ねぎから芽が生えた

気がついたら玉ねぎから芽が生えてた。そんな日常を綴ったブログ。

知らぬ間に【絶望】を味わっていた話

あなたはこれまでに、絶望を味わったことはありますか?

 

その日、私は職場散策がてらお昼を食べる場所を探しに周辺を歩いていた。

 

折しも明日は仕事が休み。

いつもなら社食で済ませてしまうのだが、今日くらいは外で食べたいんだ!という思いから、無駄に効く嗅覚を頼りに1人歩いてみた。

 

なーんか、近場で食べる場所ないかな?

 

まず、新宿3丁目の土地勘がない。

その割りにだいたい歩けば有名処のお店に当たってしまう。

 

そうじゃなくて、気軽に入れて庶民的な場所を探してるんだ!

 

そーだなー、たまにはパスタが食べたい。

 

パスタ🍝パスタ🍝‥

 

くん、くんくん、くんくんくん?

 

ん?

 

何やらニンニクの香りがするぞ?

 

こっちかな?

 

そっちかな?

 

この階段の上かな?

 

くんくんくん

 

あ、なんかパスタソースの香りだ!

 

特に看板らしきものは分からなかったけど、扉の窓から見えるのは満席の店内。

これだけ満席ってことは、旨い😋に違いない!

 

さぁ扉を開けてみよう。

 

ギィーッと開けた扉の奥はほぼ満席。

運良く奥のソファー席が空いていて、そこに通された。

 

周りを見渡すと確かに皆さんパスタを食べている。

だけど、なんか皆さん同じパスタばかり食べてませんか???

 

大きなお皿にドップリとソースが滴るパスタ🍝、受け皿には溢れて滴り落ちるソースがべっとり。

 

一瞬きたな…と思ったのだが、無言でガッツいてる若い女の子や、いかにも制服で判る某社員さん達の美味しそうな顔を見たら、あっこれはそういうのがウリで、味は美味しいんだなと分かった。

 

さしずめ、駒沢大の「かっぱ」の様な感じに近いと思う。

※私はまだ「かっぱ」未体験です。何方か、連れてってください。

 

席に座り、メニューを見たら結構沢山種類があっておススメ1位、「絶望のパスタ」と書いてあった。

 

ぜ、絶望!?

 

何が一体絶望なんだろ?

 

あとで分かったのだが、皆さんが同じ物を食べてると感じたあのパスタが「絶望のパスタ」だったのだ。(通りで。。。)

 

ちょっとへそ曲がりな私は絶望パスタは選ばす、無難な日替りパスタを選択した。

 

日替りパスタも、ちゃんと美味しかったんです。量も多くて、やはりソースが滴るくらいでこりゃ受け皿に滴り落ちるわ!と納得しました。

 

でも、日替りでさえこんなに美味しいのに、絶望のパスタってもっと美味しいのかな???

 

やはり絶望にしておけば良かったのかな??と、新しく来た方がとなりの席で絶望二つー!と大声で注文してる声を聞いて、やはり絶望頼んでおけばよかったなと、1人絶望感を味わってしまいました。

 

そんな【絶望】を味わいたい方はこちら

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13006822/top_amp/