玉ねぎから芽が生えた

気がついたら玉ねぎから芽が生えてた。そんな日常を綴ったブログ。

母、4回目の命日

今月迎える4回目の命日は明日。

 

お陰様で、私は仕事の一日で夜はスタッフみんなでワイワイ忘年会です。

二次会は新宿二丁目だし、一時期に比べてだいぶハッチャケてます。

 

有り難いことです。

 

多分家にずっと居たら、重くるしい生活になっていたんじゃないかなー。

 

気分転換にどうですか?と仕事の手伝いをさせてくれた友人にも感謝。

 

今年に入ってから、色々と声を掛けていただき、母と過ごす中でもちょいちょい手伝いさせて貰っていて、また凄いのがお声掛かるタイミングがいつも良い日程で。

 

満月や新月の日とかさ。

私は天秤座なのですが、天秤座としてタイミングが良い日とかに連絡が来るのですよ。

 

実際に自分もやりたいなーと思っていたりするから高確率!

 

周りの家族はなんなんだろうなぁと思っていたと思います。

新潟にいると言いながら都度都心に帰っていたからね。

 

でも、家族がどう思おうと私は仕事が好きで、人と接することが好きで、都心での生活が自分の生き方の一部なんです。

 

毎月命日には新潟帰っていたけど、先月は家に置いてけぼりを食らわされたので今月は帰らない!と宣言しておきました。

 

多分、それで良いのです。

 

母は母の人生を全うしました。

最期の時は信頼できる身内に見守られて逝きましたから寂しくなかったでしょう。

幸せだったと思いますよ。

 

今振り返ると、人を看取る瞬間はとても静かで、厳かで、穏やかな雰囲気が漂う気がしました。

 

悲しいは悲しいのだけども、自分の目で見てきた実体験だから余計にそう感じました。

 

私が逝くときは、静かに目を閉じたいと思うのです。