玉ねぎから芽が生えた

気がついたら玉ねぎから芽が生えてた。そんな日常を綴ったブログ。

3年前のわたし

Facebookを見ていたら、3年前に投稿していた写真が出てきた。

 

職場の人に飲みに連れてって貰ったり、美味しい食事をしたり、仕事も職場の人の為になるならと好きでしていた感じだった。

 

楽しかった。

 

あの頃は良かったとか、あの頃の自分に戻りたい、とかは不思議と思わず、あの頃はこうだったのかーと省みるキッカケになった。

 

あれから3年、随分と私も変わったものだ。

 

節目と言うような、母を癌で亡くすことから葬式や相続の難しさや、自分の立ち位置の不安定さに精神的に参っている今の自分がいる。

 

ならば尚更、以前は良かったと思わないのか?

 

それはおそらく、今の自分が良いからかもしれない。

 

過去は過去として、一生懸命に生きていたから後悔がないのかもしれない。

 

3年前の私がいるから今の私がいる。

 

多分、今の方が多く成長している。

 

だから今が一番いいのかもしれない。

 

問題が無い人生より、問題抱えながら立ち向かって考えて、自分で答えを見つけ出すことの方が価値があるのだ。

 

今自分にとって価値ある時間を過ごしているんだと、改めて思った。