玉ねぎから芽が生えた

気がついたら玉ねぎから芽が生えてた。そんな日常を綴ったブログ。

腹が決まらずフワフワしている人におススメする、二者選択の方法

腹が決まらず、フワフワしている人が腹を決めるコツ。

 

・ステレオタイプになる

・個別に自分と合った人に合わせる

 

まずはこのどちらかのタイプを選択することからスタートしてみたらどうだろう?

 

腹が決められない人の特徴として、基本的などうしたいか?を当時者が決められていないことがあげられる。

 

周りがどんなに具体的に〇〇をした方がいい、決めた方がいいとアドバイスをしたとしても、基本的なこの部分に、本人が気付いていないと腹が決まらないのだ。

 

そこで、視点を変えて「何をする」ではなく、もっと基本的な部分に立ち戻ってみよう。

 

【ステレオタイプ】

特徴

型にはまった考え方。集団行動において浸透している先入観、思い込み。

・大阪のおばちゃんはヒョウ柄が好き

・B型の人は自由奔放

など。

 

因みに私は思い込みが強い、つまりステレオタイプ傾向ではある。

 

本来はステレオタイプで生きることに苦しさをずっと感じていて、ステレオタイプをやめたはずなのに、麻痺してるのかまた舞い戻っている←今ここ。

 

【個別に自分と合った人に合わせる】

特徴

・集団に合わせるではなく、個の考えで動いている。また、個と合う人とだけ付き合い、合う人にこちらも合わせるタイプ

・集団の枠の中にはまらない

 

本来はこっちが私の本質的な特徴。

しかし集団に入ることで集団に合わせなければ生きれなかった環境の中にいたため、いつしか本質的に生きる特徴を無視し、ステレオタイプに合わせたら苦しくなって身体を壊すという過去がある。

 

さて、貴方はどっちのタイプだろう?

 

どっちを選択するのだろうか?

 

選択したら、何がしたいかを決めていければ本来の自分らしさを出した生き方が出来るんじゃないだろうか。